遺言

配偶者と子供への賢い遺産分割

配偶者と子供が遺産を相続する場合、配偶者に財産があるのかなど、様々な要因でどのように遺産分配をするのがベストかは変わってきます。
配偶者控除や、配偶者から子供への贈与など、どのようなことが起こるのかをよく考えてベストな方法を選択したいですね。
また、故人が残してくれた財産を有効に使えるようにしたいものです。

もし配偶者と子供がいる場合、遺産はやり方によって相続の様式が変わってきます。
遺産で損得を語るのは不謹慎かも知れませんが、賢い遺産分割というのは確かにあります。
ここでは残された遺族のためになる相続のやり方について考えてみたいと思います。

まず配偶者にそれなりの財産があった場合を考えてみましょう。
少し極端ですが、配偶者に2億円の固有財産がある状態で2億円の遺産を相続する場合。
配偶者がすべて相続し、子供は相続しない場合。
配偶者と子供が均等に相続する場合。
配偶者は相続せず、子供が全て相続する場合。
一番相続税がかからないのはどれでしょう。

長期で見ると、配偶者が相続せず、子供だけで相続するのが一番すくなくなります。
というのは、配偶者が亡くなる際、自分の財産と配偶者自身の財産を相続するため、相続税が高くなってしまうからです。
だったらここで配偶者の財産をすべて子供に相続し、次の相続を自分の財産だけにしておいた方が安く上がる、というわけです。

では夫からの相続額が5000万円程度で、配偶者が固有の財産を持っていなかった場合はどうでしょう?
その後、配偶者がそれなりの額の財産をつくることになれば話は別ですが、そうでない場合は配偶者が相続するのが得策だと思われます。
というのは、子供が相続した場合、配偶者が病気になった場合など医療費がかさんで子供がお金を工面すると、子供から配偶者へのお金の受け渡しが発生します。
この額が大きくなれば、控除額を超えてしまいますので税金がかかる可能性があるのです。
家族同士が面倒を見合うのは当たり前ですし、そこに税金をかけるというのは何とも腑に落ちない話ですが、そういう法律なのですから仕方がありません。

最後に配偶者と子供が半分ずつ相続すると得をするのはどんなシーンでしょう?
たとえば相続額が1億2000万円だったとして、配偶者に固有の財産がなかった場合。
配偶者は配偶者で何かとお金が必要でしょうから、半分の6000万円を遺産を相続します。
その上で配偶者がいくらか使って残りを相続すれば、全て控除額内に収まり、申告も不要になります。

故人が残してくれた大切なものですから、大事に賢く使うようにしたいものですね。